FC2ブログ

2019_01_05 三重釣行

新年明けましておめでとうございます。

2019_01_05(土) ねこさんとご一緒に三重での釣行
昨年タイミングが合わず、ご一緒出来なかった釣行が
ようやく実現しました

朝7時ほぼジャスト、目的波止に到着
既に数名の釣り人が竿出し中
皆さん、ご熱心ですね

ねこさんを探して波止を探索していると
それらしいお姿を発見、ねこさんでした

早速ご挨拶
「明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします」
相変わらず、ねこさん、お元気そう
なによりです

この波止、ヘダイがよく揚がるので
ねこさん、昨年来通い詰められている場所

ねこさんの釣り座から
少し離れたお隣に釣り座を構えました

ねこさんいわく、小生が構えた釣り座は、
昨秋、黒さんが40cmチヌをはじめ爆釣されたとのこと
その釣り座、お譲り頂きありがとうございます

水深は竿1本少し、6mほど、浅めです
朝方、雨がパサつきましたが、微風で、あまり寒くなく釣り日和です
テンション上がりますね

冬場に入り水温は低下
いつもの配合では、なかなか割れないので
あらかじめ集魚材を、比重が低く軽くてバラケ易いものに変更
思ったとおり、さほど時間が掛からずダンゴが割れました ヨシヨシ

ダンゴ投入、3投目から付け餌が無くなる。何か居る? 
水温低下で厳しい釣りになると、思っていたのだが、うれしい誤算

付け餌は取られるが無くなるがウキ反応出ず
エサ取りはおそらく、低水温に強いフグ
はじめは、ねこさんに倣い遠投を試みてましたが状況変化なし

海底状況の探索開始
どうやら竿2本先あたりから少し深くなっています。掛け上がりがありそうです
その掛け上がりにダンゴ投入集中

寝ウキを立ちウキに変え、
タナを少し切り、付け餌が目立つように変更
フグにも目立つが他の魚にも同様に! 作戦です

10時ぐらいにウキ反応、合わせると20cm弱のヘダイが来ました。作戦あたりました

その後、順調に釣果は伸び、
14時頃にはヘダイ8枚釣り揚げ


14時半ごろ、バラシをきっかけにウキ反応が止まり
その後、16時過ぎの竿納まで回復せず
結局、最長25.5cmを筆頭にヘダイ8枚となりました

ねこさんですが、フグに気に入られられたのか
あいにくのご釣果
この波止お教え頂き、この釣り座をお譲り頂いのに申し訳ない気分・・・

16時過ぎ、2人とも竿納
「次回は春4月で」とのことでお別れ
次回も楽しみです
                          おしまい




スポンサーサイト

2018_12_15 三重方面です

2018_12_15 三重方面釣行です
久しぶりの釣行アップ
早や12月も半ば、今年最終の竿出しです。多分
と、意気込むものの冬型気圧配置が残り、風強く寒そう
ただ、昼から冬型が緩むとのことなので、
西風に比較的強い三重方面の釣行です

8時からのダンゴ投入
朝方、風弱く鏡のような海水面です
3投目で来たのが真鯛36cm
おそらく養殖場から飛び出して来た奴と思いますが
うれしい( ^^)

その後、ジョジョに風強くなり、
風が通り寒い、ブルブルです

結局、14時半ごろから風一段と強く、白波が立ち
どうしようもない状態に突入
15時上がりとなりました

釣果は、真鯛37cm、グレ25cm、ガシラ
DSCN1641_04.jpg
                         おしまい

2018_11_23 三重方面釣行

2018_11_23 前夜、木枯らし1号が吹くかも知れないとの天気予報の中の釣行
案の定、北風きつかった

釣れたのは、フグ、アズキマス、チャリコなど
厳しいですね

2018_10_28 和歌山釣行

2018_10_28(日) 和歌山です
秋深まり、だんだんと寒くなってきたこの頃
この2週間、野暮用で竿だせず
3週間目は竿出したい、が、
あいにく前日土曜日は、寒冷前線通過直後で、
どこもかしこも風強しで釣行断念

翌日曜日、日本海・三重方面は風残る中
和歌山方面がマシな模様なので決定

目的波止に6時頃到着
釣り人はまだまばらです
波止先端少し手前に釣り座を構え、先端の先駆釣り師に朝のご挨拶
先端釣り師いわく、「紀州釣りですか?ヘダイよく来てますよ」との予言

その予言、当たりました
風残るものの、竿出し出来ぬのほどでは無い
だんご投入30分ぐらいで15cm程度のヘダイ来ました

その後、ずーっとヘダイ、ヘダイ、ご覧のとおりです


翌日月曜日は仕事なので15時あがり
数えると全部で9枚なり


最長のへダイへは34cm、ヘダイの30cm越え初めて
チヌ並みに良く引きました
ヘダイビッグスリーの写真  34筆頭に29,27
DSCN1632_01.jpg

予言者の先端釣り師
ご挨拶の後、しばらくして竿が大きく曲がっています
揚がってきたのは、ヒラスズキ72cm 
先端釣り師、興奮のるつぼ
ヒラスズキの生姿、初めて見ました
なんともはや和歌山らしい
                                  おしまい


2018_10_6 和歌山釣行

2018_10_06(土) 今シーズン2度目のだんごくんとの釣行です
今回は2部構成です

第1部
大阪泉南に「釣り勝」という釣り具店があります
だんごくんと一緒に釣りを始めたころ、良く通ったお店です

地元の地マムシが有名で、魚が良く釣れるので重宝していました

お店の若社長に、まだ小学6年生だった、だんごくん、
気に入って貰ったようで、たいそう可愛がって貰ってました

その若社長から、この春、10数年ぶりにメールを頂きました

 お店を改装していたら、だんごくんが釣ったチヌの魚拓が出てきたので
 懐かしくてメールしました。とのこと

早速、だんごくんに報告、
「機会があれば、2人で釣り勝さんに寄ろか」となり
半年ほど掛かりましたが、今回、めでたく実行

朝6時ごろ、
前もって連絡も入れず、「釣り勝さん」に寄る   (連絡入れずにゴメンナサイ)

釣り勝さんの若社長(今は、ご立派な社長さんです)、
当然ながら、だんごくんのこと、気がつかない

そこで、「彼、見覚えありませんか?」と尋ねると、
社長さん、しばし眺め 「だんごくん?」 とのご発声   感動の場面ですネ

だんごくんのチヌ魚拓、
お店のレジ上の壁の目立つところに
貼り出しってもらってました。  10数年経ち色褪せた魚拓なのに、これまた感動

店舗を改装され、売り場が広くなった
釣り勝さんの、末永いご繁栄を願っております

 地マムシは11月からとのことで
 手に入らなかったのが残念

第2部
釣り勝さんを出て、和歌山に向かいます
ナビ設定ミスで、辿り着いたのは、当初と異なる波止でした

台風25号の余波で、向かい風強くウネリも残ってますが
ダンゴは何とか投げられます

ダンゴ投入開始  8時前
3投入目で、ウキ反応、合わせるとえらく引く
ほどなく顔を見せたのは、サンバソウ28cm    さすが和歌山ですね

それにつられたのか、だんごくん釣り座を移動、2人並んでダンゴを投入
昼頃、だんごくんの竿にチヌ38cmが来る

これって拙いかも、
前回三重のだんごくんチヌ爆釣が頭をよぎります

このままでは、前回の二の舞、それは避けたい
で、チヌ釣りスタイルに変更

  小生の紀州釣りですが、チヌだけでは無く、多種を釣りたいとの思いで
  独自の仕掛けを使ってます。が、これを封印。チヌ釣りの仕掛けに変更しました


その甲斐あったのか、15時ごろ、チヌ36cmが
それと、最後の一投でチヌ34cmが来ました

釣果をみてみれば、「台風の後は良く釣れる」とのごとく
2人で色とりどり
DSCN1624_01.jpg
チヌ 38cm(だんごくん) 34cm36cm(小生)  サンバソウ 28cm(小生)
ヘダイ 26cm2枚(だんごくん)  マルハゲ だんごくん1枚、小生1枚
チャリコ、グレ だんごくん
                         おしまい