FC2ブログ

2016_08_06 日本海は福井釣行

2016_08_06(土)
今回は、1年ぶり福井は2度目の波止
昨年釣果はイマイチ
この波止の相性・実力確かめたくて
繰り出しました

片道143km、三重や和歌山釣行と変わらず

距離はさほどでも無いですが、山道の連続で疲れること、このうえない
覚悟を決めないと、なかなか行けないところです

7:00-19:00の竿出し・・・カンカン照り、暑かった((+_+))

水深10m程度、根掛りも少なく釣り易い波止
が、昨年同様、釣果はイマイチ
まだしも、アップ出来るのはこれ、サンバソウ23センチ


Ⅰ日中ダンゴ即割れ、付餌瞬殺
犯人はたぶん、チビハゲかウマヅラ・・・足元に幼魚、沢山居ました

釣れるのは、
大概、コッパグレ、チャリコ、コッパ、チャリコ・・・続きます

10m底から10センチに満たないコッパグレが釣れてくるので
この波止、大型魚は少ないのかも知れません

この日起こった、ウソのような話

 ウキ反応に合わせると、スコーンと素針
 しかも、釣針に白いものが残ったまま仕掛けが揚がって来る
 「付餌残ってる、合わせ早すぎた?」

 餌を変えようと、
 釣針に残っている餌を外そうとすると
 何やらモゾモゾ指にしがみ付いてくる  ビックリポン?!

 釣針に刺さってる白いもの
 あらためて良く見ると、
 オキアミでは無く、タイノエ
 針で腹を貫抜かれながらも、しぶとく生きてる

  タイノエ:鯛の口中に住み付く寄生虫です。 

  下は、ネットからとったタイノエの写真
  Rhexanella1_01.jpg

  現物証拠はこれ↓
  DSCN1257_01.jpg

 どうやら、合わせた時
 針先が、偶然にも、鯛の口中のタイノエをひっぺがした模様
 素針正体はコレ、真鯛釣り逃した(>_<)

 コイツの宿り主は、25センチ以上のはず

 宿り主の身代わりになった、アンタはエライ
 宿り主の25センチは、
 すっかり身軽になって、
 さぞかし立派な真鯛に成長することでしょう
 
       何ともめでたい話・・・しょうもな(~_~;)
 



 
スポンサーサイト

おつかれさまでした。

 タイノエ、サヨリやハゼにも寄生してますね。

あの波止はチャリコや真鯛も多い所、取り逃がしは残念ながら鯛クンには超ラッキーな日のようで、或る意味何よりですね。

 良いサンバソです!
私の大好きな釣魚の一つです。

福井釣行お疲れ様でした。
しかし暑かったですねぇ。
これからしばらくは、こんな日々が続くんですよねぇ。
気を付けないと。
こちらは一日中ダンゴ鈍割れ、付け餌鈍殺でしたよ。
とにかくアタリが出るまで時間が掛かりました。
お陰でダンゴの消費も少なくて済みましたけど(笑)。

そうそうタイノエ、私も真鯛さんの口から引きずり出してやった事があります。
あんなのが一生口に居るなんて、気の毒過ぎますよね。
きっと今頃はのびのびと育っているかと。

ねこさん

コメント投稿ありがとうございます

あの波止、ムード良いのですが
なかなか釣るの難しい感あります

じっくり攻めないと
コツ掴めないかも(~_~;)

トトダンゴさん

コメント投稿ありがとうございます

暑い釣行続きますね
暑くが熱くなれば良いのだが

トトダンゴさんも、
タイノエ引っぺがし、ご経験者とのこと
寄生されている真鯛さんが気の毒とは
なかなか言えないお言葉
小生は、釣り損じたことが悔しい(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する